So-net無料ブログ作成

ハイネケンよりC1000ビタミンレモンだろ。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第14節 千葉○3-2●大分 (フクアリ '11.5.29sun)
得点:9'前田、42'森島、68'竹内、73'深井、82'竹内

前田俊介の左足を自由にさせるなんて。
雨だからってホームグラウンドでコントロールミスを多発するなんて。
高さに依存した今年のサッカーでは勝利以外に価値はないんだ。
それが2失点?相手が大分だからと油断したんじゃないだろうね?
ああ腹が立つ!腹が立つ!ああ!もう!

ハーフタイムの僕はそんな気持ちだった。
このまま負けたらブログ記事は吐き捨てるように2~3行書いて終わりだ!
へっ!楽ちんでいいや!…などとちっさいことをひとしきり考えたあと
どうにか切り替えようと、逆転勝利を必死でイメージした。
まずは1得点。2点差はそれでひっくり返せる。
でも前半の低調からそれを想像するのは、けっこう難しかった。

今季のサッカーをこれまで見ていても
複数の選手の連動によって相手守備陣を崩すといったシーンが少なく
そもそもオリジナルポジションを崩して攻め込むことが少ない。
勝利こそあげているが、セットプレーからの得点がほとんど。
レギュラーを固定して守備組織を構築する段階だと割り切ってはいるが
2点のビハインドを跳ね返す術があるのだろうか?と不安だったのだ。

 

続きを読む


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

悔しいけれど良しとしよう。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第13節 熊本▲1-1▲千葉 (水前寺 '11.5.21sat)
得点:'3竹内、24'長沢

30度を超す気候と熊本の堅守のためにゲーム内容は低調
かく言う僕はすずしい自宅でゴロゴロしながら観戦していたので
さすがに試合に対してとやかく言うのもはばかられる。
試合の記録程度の気持ちでちょっとだけ記す。

後半などはピッチのほとんどの選手が暑さでスローになっていた。
特にオーロイはまるで動けず封じられていたが、フル出場。
フレッシュな久保裕一あたりの投入を待望する気持ちがあるにはあったが
セットプレーくらいしかチャンスの気配のない試合展開の中では
たしかに“立っているだけでも”オーロイの方が脅威だったかもしれない。
また熊本には大柄なアジアの大砲チルドレンたちがいるから
守備面でも代えがたい部分があっただろう。
あるいは本格的な夏に向けて日本の気候を体験させておいた、てところか。

去年なら負けてる展開だったと思う。
前節 最後の最後に決めてチームを救った竹内彬が
今節は最初の最初に決めてチームを救ってくれた。
国士舘大学で同期の熊本MF片山が予言した(スカパー解説より)通り
プロ初ゴールによって眠っていたゴール嗅覚が目覚めたようだ。
この竹内の活躍がふたたびオーロイを生かすことにもなるかもしれない。
セットプレーで取ったゴールと勝点1を素直に喜ぼう。

流れの中ではアイデアのある連動がほとんど見られず
ジェフの攻撃は熊本の守備に完全に抑え込まれてしまった。
しかし今はオーロイとその影を利用したセットプレーが
結果を呼び込んでくれている。

だから僕も、チームのベースを作る時期だと割り切って考えられる。
愛媛や岡山や熊本が守備をベースに見事なチームを作ってきたように
ジェフも徐々に出来上がっていけばいい。
ただし最優先は結果。昇格だ。

 

ミラー監督の時も江尻監督の時も
フロントと監督の意図が噛み合っていなかった。
そんなクラブが成功するはずない。分かり切ったことだ。
ずっと中途半端だったものを
今度こそ的確に、辛抱強く、積み上げていってもらいたい。
そうしなければいけない。


11ユニアイコン.gif


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

笑う犬々。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第12節 千葉○2-1●岡山 (フクアリ '11.5.15sun)
得点:3'チアゴ、36'深井(PK)、90'+2竹内

最後の最後まで応援し続けようと思えた。
最後の最後まで信じることができた。
愛媛戦と鳥取戦のロスタイム決勝ゴールを覚えているからだ。
諦めずに声援を送り続ければ、またあの歓喜の熱に沸騰できる
その待望は多くのサポーターの活力を絞り出したはずだ。

23本ものシュートがゴールマウスを外れる試合は相当にジリジリする。
これも決まらんかー!という悶えが幾度もスタンドに響いた。
それでも、みんな最後の最後まで信じていた。
僕の視界にいた黄色い人々は
コーナーキックやスローインのたびに今度こそは!と祈り
肩を揺らし応援のボルテージを上げていた。
夏場はこのエネルギーで発電したらいいんじゃないかな。

もし、俺の周りはそうでもなかったよ…という方がいるなら
ああ!残念だ。ほんとうに残念だ。
フクアリ劇場はまだ完全じゃあないのだな。
仕方がないから、そこではあなたを中心に熱波を起こし
そんな彼らを巻き込んでゆこうじゃないか。
大丈夫さ、あなたには俺たちがついてる。

 

90+2分。コーナーキッカーは伊藤大介。
鋭いボールがオーロイとマーカーの上を越えて竹内彬の頭に合ったとき
脳内でアドレナリンが出まくっている僕の目には
憎らしい岡山GK真子の「やられた」という表情がハッキリ見えた。
ボールが黄色いゴールネットを内側から揺らすのも見えたが
その後はスタンドの仲間たちの笑顔、笑顔、笑顔
そればかりしか見えなくなってしまった。

「辛うじて」「幸運にも」といった修飾語がひっつこうとも
3試合で勝点9を得るのに勝る成果などあるまい。
3分けと比べたら勝点6ポイントもの差がある。
それは経験とか手応えとかじゃない、目標達成に役立つ実際の価値だ。
でも過信は禁物。
これまでの結果が未来まで保証してくれるわけじゃない。

3戦連続ロスタイム決勝点という出来すぎた文脈に加え
J2に来て初めて立つ首位というポジション。
まるで床を這うぬめぬめした冷たいウナギのような魔物が
我々の足元をすくおうとしているようじゃないか?

今こそ省みる必要がある。
昨季もフクアリ劇場のドラマティックな勝利がいくつもあった。
けれど最終的には昇格を逃してしまった。
コイントスで負けていつものエンドを取られた札幌戦
終盤の猛攻もできず、フクアリで滑稽なまでに完敗した。
勝つサッカーをうたって得意満面に90分を過ごし
ロスタイムに同点ゴールをぶち込まれたのは
次節と同じアウェイ熊本戦だった。

次も難しい試合になるだろう。
必ずなる。けれども
強いのは俺たちだと、試合をもって証明しよう。
一試合、また一試合と、最後までそれを積み重ねてゆこう。


11ユニアイコン.gif


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゲゲゲの劇的決勝点。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第11節 鳥取●0-1○千葉 (とりスタ '11.5.8sun)

なにガイナーレ鳥取?
今年Jリーグに昇格して来たばかりだろう。
ワッハッハ若僧にいっちょ胸を貸してやろうじゃないか
まあ3得点くらいで許してやるかワッハッハ。

 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

超能力ウォーズ。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第10節 千葉○2-1●愛媛 (フクアリ '11.5.4wed)

選手紹介ふつーじゃねえか!
マネしてプロフィール画像まで作った僕の立場は!?
という驚きにつつまれて開始した今節。
試合はフクアリ劇場に相応しく素晴らしい作品となった。

蒼天の下に描かれる白熱した均衡はそれだけで芸術的に見えた。
互いの組織的な守備による締まった色合いを基調に
その膠着を打ち破る3つのゴラッソがまばゆい彩りを加える。
愛媛としてはレフェリーによって作品を黒く塗りつぶされた気分だろうが
僕としては結果として劇的なジェフの勝利が見られたので
作品に黒いしみが残って胸糞が悪い、という程度で大目にみようと思う。

 

 

久々に長めの続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカーして負けるか、しないで勝つか。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第9節 徳島○1-0●千葉 (ポカスタ '11.4.30sat)

負けた。
大黒柱のオーロイを試合直前の負傷というアクシデントで欠くことは
残念ながら現状のジェフにおいては致命的なダメージ。
だが相手攻撃をゼロに抑える守備はできていた。
すでに構築できている守備組織が最低限の勝ち点を担保してくれると思ったが
(最大限紳士的に表現して)不運な失点で奪われてしまった。

何をやっても結果さえ出せばいいのさ
そんな風に悪魔に魂を売ったやつらがしのぎを削るリーグなんだ。
例えば、もし徳島が次節以降も勝利を重ねて昇格に至ったとして
“第9節の柿谷のダイブ”がターニングポイントとして語られることはあるまい?
やったもん勝ちの、勝ったもん昇格なんだよ。無情にもね。

ジェフもそのつもりで臨んでいるはずだと僕は思っている。
そのような考え方のもとでは
「せめて気持ちだけでも見せてほしかった」とか言う感傷は意味を持たない。
結果が出なければ何もなかったのと同じ。零点だ。
それ以上 言うことはない。

 

ただうなだれている場合とも思えないので
がっかりした気持ちを捨て、誇りと希望をこの胸に充填し
次なる試合に備えたい。


11ユニアイコン.gif


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。