So-net無料ブログ作成
検索選択

孤独な僕の手が掴んだララバイ。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第17節 甲府▲2-2▲千葉 (小瀬 '10.6.12sat)

ワールドカップも決勝トーナメントが始まり、興奮と寝不足は日々増すばかり。
世界中の予想に反して日本代表がベスト16に残っていることから
日本中の老若男女がその話題を口にしている。
この内の一割いや、1%でもいいからJリーグへいざないたいものである。

さてこのワールドカップによって現在のJリーグは中断中。
その直前にあったアウェイ甲府戦の記事を今さらだがアップする。
時事性なんて大した問題じゃないさ。

 

この甲府戦が僕にとって今季初のアウェイ参戦。
いつも一緒に観戦しているサポ仲間の自動車に乗せてもらって行った。
ありがとうございました(私信)。
敵の領地で数少ない仲間と共にいるとぐっと団結力が増す。
たとえ自由席が買えずバックスタンドで見たとしても。

小瀬への道中では下調べして行ったお店でほうとうをいただくつもりが
寸手のところで「麺切れ」となってしまい、ありつけなかった。
また小瀬のグッズショップでは寸手のところでコラボタオマフが売り切れ。
その直後に並んだ かき氷の売店でも氷の在庫が心もとなくなっていて
「二度あることは三度あるか!」と観念したものの、辛うじてありつけた。

思えばこの時、僕は寸手のところでかき氷を逃すべきだったのかもしれない。
手の届くところにあった逆転勝利を寸手のところで逃してしまうより
その方がずっと良かったよ。ああ。

 

前半から戦闘モードだった甲府が2点を先行し
後半から戦闘モードになったジェフが2点差を追いつく
ある意味ではプラン通りの結果じゃないだろうか。

ただ、目標とするシーズン勝点74ポイントから逆算すると今は借金状態なので
相手に関わらず、より多くの勝点を得るべきではあった。
いやしかし、甲府との戦力差はほとんどないし、戦術的な優位もあると言えない。
ど根性で同点に追いついたその精神力を評価すべきかもしれない。

重要なのは、江尻監督たちが現状に手応えを感じているのか否か
外からは見えにくいチームビルディングの進行程度だろう。
ジェフはどんな計画表の元で、どの段階にいるのだろうか。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。