So-net無料ブログ作成
検索選択

きみはともしび。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第14節 千葉○2-1●東京V (フクアリ '10.5.22)

際どい逆転勝利は盛り上がる。
この日初めて、あるいは久しぶりにフクアリに来たという人たちには
きっとスタジアムの熱狂を楽しんでいただけたに違いない。
今季はかなり高い確率でこのようなゲームを“演出”しておりますので
ぜひとも近いうちにまたフクアリ劇場へ足をお運びください。

僕個人としても、週末のサッカースタジアムにはアメイジングを求めているので
前半に先制して残り時間を入念な戸締りに使うような試合よりは
逆転勝利や、多少無茶をしても追加点を狙うサッカーの方を好む。
だから、冷や汗はかいたが、この試合でも相応の見返りをもらえた気分でいる。

しかし、J1レベルを志すチームとしてはこれで十分だろうか。
経営難でチーム半壊状態から今季をスタートした東京VをJ1に当てはめたとき
例えばいま降格圏にいる大宮や京都や湘南と同格かそれ以上と言えるだろうか。
チーム再建に奮闘する彼らには失礼だが、とてもそうは思えない。
土俵際の強さも武器にはなるが、横綱相撲を見せてほしいところであった。

もちろんJ2で下位チームと争うのと、J1で上位チームと争うのでは違う。
だがそれを言えるのもジェフが下位にいる時までだ。
目標のひとつであるACL出場が相応しいクラブともなれば
ほとんどのクラブが下位にいることになる。
その地位を本気で目指すなら、それなりの厳しさがあって然るべきだろう。
十分に警戒された状態でも危なげなく勝ちを積むこと
それもひとつのタスクにしていなければ“その先”は嘘になってしまう。

 

やたら長い続きを読む


一試合の価値。 [JEF UNITED 市原・千葉]

とても久しぶりの、義務感から解放された週末だ。
僕は人生にオートマティックな日常と一握の非日常
それに加えて安息を求めている。
今日は天気もよく、おまけにゆっくりくつろいだ一日の締めには
フクアリ劇場で心を裸にしての観劇が待ち受けている。
僕は今日のような日にもっとも幸福を感じるのだ。


まずは二週間前の福岡戦のことに触れる。恥ずかしげもなく触れる。
★J2リーグ第12節 千葉▲1-1▲福岡 (フクアリ '10.5.9sun)

個人的に福岡戦には強く入れ込んでいて、どうしても勝って欲しいと思っていた。
入れ込んで応援して引き分けに終わったので、試合後は疲労困憊であった。
思えばそのダメージを負ったままこの二週間を過ごしていたような気がする。

僕はいまのところすべてのホームゲームに足を運んでいるが
どの試合にも、この試合にだけ来ることができたサポーターがいる。
どうにか都合をつけて観戦できるのがこの試合だけだったという人がいる。
横浜戦のような快勝を、富山戦のような逆転劇を
煮え立つようなフクアリを期待してチケットを買った人たちがいる。
僕は彼らに同じ感動を持って帰ってもらいたかったんだ。
だから、本当に、本当に残念だった。悔しかった。


アウェイゲームの成績がいまひとつ芳しくない現状からすれば
ホームゲームは必勝といかなければならない。
アウェイで少々つまづいても応援する者たちの気持ちが切れないのは
我らがホームに戻ればその屈辱を挽回できると信じているからに違いない。
福岡戦で失った勝点2は、その信じる心についた掻き傷になりうる。
この東京V戦を、信頼を回復するチャンスとして利用しなければならない。

単に星勘定の観点から見ても勝たなければいけない試合だ。
シーズン勝点74ポイントという昇格への指標から逆算すると
東京V戦を終えた時点で27~28ポイントを得ていなければ遅れていることになる。
現在の勝点は24ポイント。そう、勝利しか許されないのだ。

近年のジェフは
勝利しかゆるされない試合でしっかり勝つことができるチームではなかった。
カテゴリーを下げても同じであれば
この先のジェフの行く手は灯りのない深い洞窟になってしまうだろう。
ここは何がなんでも乗り越えなければいけない試練だ。

柏や甲府や他チームのことを気にするのはもう少し先でよい。
自分の足元と、目指すべき頂、その両方をしっかりと見据えて
その上で、今日のフクアリにいる者たちを魅了してくれ。

がんばろうぜ。


10ユニアイコン.gif走り切るロゴ.gif


勝ってかぶとのWin By All。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第11節 千葉○2-1●富山 ('10.05.05 フクアリ)

また4試合もブログを休んでしまった。
その間にあった試合をいちおう記しておく。

第7節 岡山○2-1●千葉 ('10.04.18 カンスタ)
第8節 千葉○2-0●岐阜 ('10.04.25 フクアリ)
第9節 栃木▲2-2▲千葉 ('10.04.29 グリスタ)
第10節 大分●0-2○千葉 ('10.05.02 大銀ド)

4試合と言ってもライブ観戦したのは岐阜戦だけなので
どうせ頑張ってたとしても自信持って書けたのは岐阜戦だけですよ。
いいじゃないですか。休んだって(逆ぎれ)。

その4試合の戦績は2勝1敗1分け。
アウェイゲーム3試合を1勝1敗1分けという寸評しづらい成績でやり過ごしている。
かくも内弁慶ではあるが、フクアリで行われる富山戦と福岡
この二試合を勝てば昇格の指標である“三分の一シーズンで二敗以下”を
どうにか損なわずに済みそうである。

 

記事の後味が悪くなるとイヤなので最初に。
Jリーグの(J2の、とは言わないよ)レフェリーは
裁くことは興を削ぐことという哲学で笛を吹いているみたいなところがあって
それが確かに僕らをイライラさせるんだけれども、しかし
近頃の僕らはレフェリーに対していささか好戦的すぎるかもしれない。
J2の基準で見ればフクアリの“ホーム感”は圧倒的なわけで
そういう環境にあまり慣れていないレフェリーたちを威圧することは
思い通りの効果が得られる時ばかりではないだろう。

下手をすれば、試合前から「フクアリの雰囲気に飲まれないように」と身構え
裁きの天秤をわざと傾かせてピッチに入るレフェリーもいるかもしれない。
そう簡単にフェアネスを曲げる人がいるとは思いたくないものだが。
納得できない判定まで看過する必要はないと思うけども
僕らの方もフェアな視点でジャッジの真贋を見抜き、公正な声をあげないと
おそらくジェフの勝利のためにはならないだろう。
試合後の大ブーイングがフクアリ名物みたいになるのも嫌だしね。
 

冗長な続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。