So-net無料ブログ作成

だってあなたが頼もしすぎるから。 [JEF UNITED 市原・千葉]

青天の霹靂。
東京戦でフル出場した斉藤大輔と福元洋平のコンビを
僕はすごく期待を抱いて観ていたんだ。
まだまだ伸び盛りの福元が躍動感と希望を
実年齢の三割引のフィジカルを持つ大さんが安定感と経験を
来季のジェフのバックラインにもたらすのだ、と夢見ていたんだ。
福元の去就は分からんな、というところには予防線を張ってたんだけど
まさか大さんが引退するとは本当に夢にも思わなかった。


イビツァ・オシム監督時代のこと。
当時3人で構成するセンターバックの一角には必ず斉藤大輔の名があった。
中西永輔、ミリノビッチ、茶野隆行、結城耕造、水本裕貴、ストヤノフ
数多くの好選手がジェフのセンターバックを務めてきたが
大さんの名前が故障やサスペンド以外の理由で外れたことはほとんどない
(故障が理由になったこともほとんどないけどね)。

オシム・チルドレンと評され成長した選手たちの中で
なぜか大さんだけはそういった言葉で形容されることはなく
常に当たり前のようにハイレベルなプレーでチームを支え続けた。
経験のある選手だからあれくらいはできて当然
僕はそんな風に大さんのことを見ていたのかもしれない。
大さんなりの苦労だってあったに違いないけど
そんなことまるで考えもしないですっかり信頼しきっていた。
ううむ、僕は大さんに甘え過ぎていたかもしれない。

そう考えれば今季だってそうだ。
僕は大さんがベンチにいることを頼もしいと思っていた。
でも、現役生活のほとんどをピッチの上で働いてきた男が
ベンチの居心地をすんなり受け入れられたとは限らない。
もしかすると「バックアッパー斉藤」に期待をかけることは
失礼なことだったかもしれない。
結局 大さんの優しい笑顔のキャラクターに甘えてしまっていた僕。
引退が発表されてからそれに気づくとは、なんてバカなんだ。

もし今季、もういちど斉藤大輔を応援することができるなら
この後悔を糧にして一生懸命に声援を送る。
そしてジェフで引退し、指導者としてクラブに残ってくれる大さんに対する
感謝と尊敬の念は永遠に絶やすまい。

イビツァ・オシム監督だけじゃなく、ベングロシュ監督もレギュラー起用したし
アマル・オシム監督もクゼ監督もそうした。
大げさでなく、どの監督からも信頼された鉄人、斉藤大輔。
そんな選手が今季まで僕らのクラブにいた。

そんな男が来季からも僕らのクラブにいる。
現役時代と変わらず選手たちに力を貸してあげて欲しい。
若い選手を大さんのような大黒柱に育てて欲しい。
ジェフが素晴らしいクラブになれるよう叱咤していて欲しい。
これからもときどき僕らに微笑みかけて欲しい。
頼みたいことが多すぎて、お疲れさまなんて言えやしない。

大さん、甘えてばかりでごめんね。
ありがとう。
これからも、ありがとう。

09ユニアイコンNo3.gif
あと2試合、闘う姿を見せてくれ。
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ろくなことにならない。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J1リーグ第32節 千葉○2-1●東京 ('09.11.22 フクアリ)

この勝利は掛け値なく僕らに喜びをもたらした。
ゴールや試合終了のホイッスルに渾身のガッツポーズをし
新居辰基の試合後インタビューにぐわっと胸を熱くし
でんぐり返りや谷澤達也のマイクパフォーマンスに酔いしれた。
ギチギチと不快な音を鳴らしていた歯車にオイルをさしたみたいに
錆びていた僕らの心は穏やかさを取り戻した。


しかしながら、この勝利の価値は大きくない。
勝ち点の重みはもはや我々を裁定する天秤を少しも揺らさない。
我々が残留という名のモンスターに立ち向かう戦士だとしたら
この斬撃は敵の皮膚に傷をつけることさえできていない。

先日の天皇杯の敗戦後、江尻監督は
スポーツの結果は7~8割がメンタリティに由来する
というようなことを言ったが、東京戦もまさにそうだろう。
我々は失うもののない、つまり背負うものがほとんどない状態だ。
張りっぱなしだった意地が剛健な武器に変わったというよりは
肩の力が抜けてのびのびとプレーできた結果だろう。

試合内容によって江尻監督は自らの志を示すことができたが
この試合で見つけた自信を来季のジェフに還元してくれる選手が
どれだけいるのかも分からない。
時が来れば霧散する幻影のような勝利、なのかもしれない。

僕はこの勝利にジェフの未来への希望は見出せない。
劇的な残留に希望を見て慢心した昨季の繰り返しはしない。
ひとつ前の記事でクラブとの向き合い方について悩みを書いたが
今回のこの態度にその影響はあまりない。
どう向き合ってもこの一勝には大きいと言えるほどの価値はない。
負けて反省材料を洗い出した方が良かったとさえ言える。

良い気分に水を差しただろうか。
いろいろな考えがあると思うので意見があればぜひ伺いたい。
ただ僕としてはそう考えた。

そして、そのことを踏まえて。
この、価値に乏しい勝利のことを全身全霊で喜び
降格直後とは思えない陽気さで凱歌をあげたジェフサポーターに
僕はひとつ言いたいことがある。


あなたたちは最高にカッコイイ。


勇気を持ち、闘志を剥き出し、必死に攻めた仲間たちを
称え、労い、誇るべきはいったい誰か。
オレたちしかいるまい。
目の前のものを正当に評価する眼を持たずして
苦言も提言も投げかける資格はあるまい。
戸惑いなくその責務を果たしたこの日のジェフサポーターを
僕は素晴らしかったと思う。カッコヨカッタと思う。

この試合でゴールを決めてヒーローとなった新居は
サイドに流れてパスを受けてクロスの出し手も務めたし
守備では何かがのりうつったように熱いチェイシングをした。
何がしたいのかよく分からない審判に華麗なる悪態をつきながら
ゆっくりと引き上げていく様には失禁しそうになった。

その彼がTVのインタビューを終えて輪に加わるまで
恒例のでんぐり返りを「待て待て」と制したゴール裏全体の挙動は
まるでひとりの人間の仕草のようだったんだ。見たかい?
そんなことを凄く当たり前のようにやるんだぜ?

僕は思う。僕たちはきっとずっとこのクラブにいる。
もしかすると、選手や監督やスタッフ以上に、僕たちにこそ
クラブの未来を背負おうという姿勢が必要なのかもしれない。
もしそうなら、実に価値ある光景を僕は見たのではないだろうか。
このクラブの未来に続く希望の光を見たのではないだろうか。

鳴り響く凱歌にあわせて揺れるフクアリが美しかった。
あの中にいた自分を誇りに思う。
ジェフユナイテッド永遠なれ。





ところでこの日、僕は来季へ向けて必要な変化の材料を探すため
いつもとは違うエリアへ移動して観戦した。
やっぱり空気の違いや表情の違いに学ぶところは多かった。
それで後半はまた別の場所へ移動しようと思ってウロウロしてたら
ネット・バイアーノのゴールを見損ねた。

慣れないことをするとろくなことにならない!!(そんな結論かい)

09ユニアイコン.gif
コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

悪いのは誰だ。 [JEF UNITED 市原・千葉]

先週末からというもの、合間を見つけては
フロントがあーだとか監督がこーだとかいう内容の文章を
調子こいて書いていたのだけども
ジェフの一員であるところの自分を棚に上げて
なにちょっと批判的な意見を上から述べようとしてるんだ?と思い直した。
僕はまず、共に闘ってジェフを降格させた自分のことを反省しなければいけない。

なおこの記事はほとんどの部分をFC岐阜に敗れる以前に書いた。
J2クラブに敗れて散ったことは“敗退の中ではベスト”の結果。
僕もスポーツの勝敗は7~8割がメンタルで決まると思っているので
もしも優勝できたら来季への希望にもなると考えていたけれど
覚悟も自信も付かないような半端な位置で負けるよりは良かった、でしょう。



今シーズン前、僕はあまり補強が不足だとは考えていなかった。
そもそも前年15位でギリギリ残留のクラブは
豪華絢爛な陣容を揃えられるほど選手にとって魅力的ではないと考えた。
だから元所属チームでレギュラーに匹敵するレベルにあった
中後雅喜やアレックスが獲得できてむしろ立派だと評価していた。

ストライカーの補強を後回しにしたことにも肯定的だった。
巻誠一郎を中心にチームを作るだろうと考えていたし
新居辰基や青木孝太の出場機会も保つべきだと考えていた。
巻、新居、青木、深井、ミシェウを使いまわしても得点力に不安があったら
対策として外国籍のストライカーを補強すれば良い、と。

ミラー監督がどのポジションのどんな選手を望んでいたのか
実際に獲得した選手たちがその望みに適っていたのかどうか
それはシーズンが始まってからようやく推測できるようになったことであり
シーズン前、そこに言及する発想は僕には微塵もなかった。

また、ミラー監督の続投にも異論を唱えなかった。
心の中では別の選択肢があってもいいと考えていたが
成功を保証された監督など存在しないので
(ああ「今年の浦和はハンパじゃないと思うぜ」なんてあちこちで語ったもんさ)
また「ゼロから」の出直しで博打を打つくらいなら
前シーズンから指揮するミラー監督についていく方が確かだと結論付けた。

こうした考え方自体は未だに間違っていたとは思っていなくて
ジェフのようなクラブは最高級というわけではない選手層を
いかにうまく運用して勝ち星を数えるかが重要なのだと今も考えている。
監督は選手をモチベートし、選手は監督を信頼して、同じ絵を想い描き
個力の総和以上のチーム力を引き出す。
そうした闘いの中で個が自信をつけて成長し、真に強くなってゆく。
この理想は来年もそれ以降も基本的には変わらないことだと思っている。



そういった考えから、僕は昨オフの動向を肯定的な言葉で表わしていた。

続きを読む


コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Lost By All。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J1リーグ第31節 川崎○3-2●千葉 ('09.11.08 等々力)

試合終了のホイッスルが僕から引き出した感情は
悲しみや苛立ちや絶望、失望といった類のものではなかった。
何も変わらないのだ。
今日までと明日からで僕とジェフの関係は何も変わらない。
これからもずっと、絶対に、オレは君たちのことを見放さない
あらためて誓った僕の中にはむしろ燃えるような感情があった。


僕はゴール裏一階席の中央付近
ジェフに与えられた応援席の右寄りあたりに陣取った。
サポーター団体が集う応援の中心からは少し離れたところだ。
と言っても、この日(あまり優れた観戦席は言えない)この場所にいるのは
どいつもこいつも“あえてこの試合に”駆けつけたサポーターたちだ。
気持ちの温度で劣るところはなかったと言っていいだろう。
みな実に熱く、真摯に、絶やすことない声援を送り続けていた。

こう言っては変だけど、僕はあの場にいられてとても幸せだった。
この試合の次第で何かを得られると言う状況ではないのに
皆「いま自分のすべきこと」を自ら考え、決め、ここに来たのだろう。
選手たちに意地を見せて欲しい、自分の意地を貫きたい
たったひとつの目的意識に集中していたように思う。
ほんとうに素晴らしかった。

二部リーグ降格。
古河電工とジェフユナイテッドをあまり同一視していない僕でも
先人たちが築き、守ってきた歴史の責任を少しだけ感じる。
来季へ向けての選手の動向について考えると気が重くなる。
しかし、すべて受け入れて一緒に背負おうと決意することが
今シーズンの僕が見せられる最後の意地だ。

覚悟ができていたから泣いたりなんかしない。
ただ、目を真っ赤にした中後雅喜を目の前に見たときだけは例外だ。
インタビューの巻誠一郎の言葉を聞いたときも例外だ。
まあこの分だと例外はまだまだありそうだが
僕はこの黄色いユニフォームを着ている限り、下を向きたくない。



一年でのJ1復帰。
ひとつの旗印として掲げる必要はあると思う。
でも、それが本当に本当の目標なのだとしたら
どこまでストイックになれるかに厳しい視線を送らざるを得ない。
初めての舞台だからといって勉強している暇はない。
他クラブから「ズルい」と言われるくらいのことをしないと
悲願に渇いたライバルの群れから抜きん出ることはないだろう。

もし来年の晩夏のころ
すっかり昇格の可能性がなくなってしまったとしたら。
「今年は残念だったけど、絶対に来年は昇格だーっ、うおーっ」
と景気よく叫んで消化試合を淡々と観戦しながら次の春を待つのか。
僕はそんなのはご免だ。

つまり、もしそういう状況になっても皆の眼差しをまとめるもの
すなわち信念、こだわり、ポリシー、哲学
そういうものを持ち、示すことが何よりも大事だと思う。
目先の結果とはまた別の道しるべが。
「こうじゃなければジェフじゃない」と言える確かなものが。

今日から歩み出そう。まずは道を探して。




最後に。
戦いの最中は戦いに集中できるよう戦士を後押しすべきだと思う。
僕はそういうスタンスだし、きっと同じ考えの人は多かったはず。
しかし、悔しいが、リーグ戦に関して当面の戦いは終わった。
語るべき問題、ジェフ(つまり自分たち)への提言があるなら
今こそ積極的に意見を交わす時だと思う。

また、僕らは“ひたすらに姿勢を変えず”応援し続けてきた。
その強さに感動したことはここまでの文で分かってもらえると思う。
しかし、結果は残留という目的を果たせなかった。
同じことを続けてダメだったからと言って「変わるべきだ」
とまでは言わないが、せめて考える機会にはしたい。

応援のやり方を変えてみるとか、違った態度を試してみるとか
もっと単純に、いつもとは違うエリアの座席に着いてみるとか
残った三試合を進化のためのチャレンジに使うことも
悪くはないと思う。

天皇杯は「真剣に優勝を目指す」経験の場にもってこいだ。
結果がどうでも、足りないものが見つかるのがいちばんいい。

09ユニアイコン.gif
コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。