So-net無料ブログ作成
検索選択

微妙なマイナス2ポイント。 [JEF UNITED 市原・千葉]

【第1クール】勝点12pt.
 第01節 ギラヴァンツ北九州(A)○3-0
 第08節 FC東京(H)○3-0
 第09節 徳島ヴォルティス(A)●0-1
 第10節 愛媛FC(H)○2-1
 第11節 ガイナーレ鳥取(A)○1-0

【第2クール】勝点10pt.
 第12節 ファジアーノ岡山(H)○2-1
 第13節 ロアッソ熊本(A)△1-1
 第14節 大分トリニータ(H)○3-2
 第15節 ザスパ草津(A)●1-3
 第16節 FC岐阜(H)○3-1

【第3クール】勝点9pt.
 第17節 横浜FC(A)△1-1
 第18節 栃木SC(H)△2-2
 第02節 湘南ベルマーレ(H)○2-0
 第19節 カターレ富山(A)○2-1
 第20節 ロアッソ熊本(H)△1-1

【第4クール】勝点7pt.
 第21節 湘南ベルマーレ(A)●0-2
 第22節 コンサドーレ札幌(H)○2-0
 第23節 横浜FC(H)△1-1
 第24節 FC岐阜(A)○2-0
 第03節 コンサドーレ札幌(A)●0-4

 

こうやってリストアップすると鮮やかな下降曲線だな…。
本題の前に今季のノルマをおさらいしよう。
5試合で勝点10ポイントを得ることが目安。
そうすると全38試合で76ポイントとなり、高い確率でJ1昇格できる(はず)。

また、このような分かりやすい数字を指標にすることで
「○戦勝ちなし」とか「この試合だけは負けられない」といった雑念を
選手や周囲から遠ざけることができるだろう。
状況に関係なく、設定した数字のノルマさえクリアできていれば
焦る必要も変える必要もないと“言い切れる”わけだ。

 

さて僕がブログ更新を完全にシカトしていた第4クールは
結局のところ勝点7ポイントしか獲得できず。
第1クールでつくった(わずかな)貯金も食いつぶし
トータル40ポイントを得るべき20試合で38ポイント
目安からするとマイナス2ポイントという途中結果となった。

「言うほど絶望的じゃないな」という感想も
実際に3位に付けていることもあって間違いではないだろう。
しかしそう言い聞かせてしまっては目安の意味がない。
上位陣の勝点差が小さいまま最終節にもつれることもあり得るし
目安を少しでも上回っておきたいくらいなのだ。

なにより、時間と共に勝点が獲れなくなっているのが恐ろしい。
昨季同様の“積み上げの少なさ”を象徴しているようだ。
例えば次の第5クールだけでマイナス分を挽回するには
5戦4勝が条件になるが、現状を鑑みると不安の方が色濃い。
暑い夏が過ぎれば再び上昇気流に乗れるのだろうか?
敵のプレッシングが勢いを増すだけのような気もするが、果たして。

 

昨夜の大敗。
まさか漫然と「ついこないだ勝ったし余裕でしょ」とは思っていないだろう。
「これに勝たないと第4クールのノルマが達成できない」
という気負いがジェフの歯車を狂わせたのか。
はたまた彼我の積み上げたものの差が暴露されたのか。

原因の究明と対策は現場にまかせよう。
しかし数字は「現状ではマズい」と訴えている。
目を背けることもできそうな微妙な“2ポイントのマイナス”に
どれだけ真剣に向き合えるか。
それが今季の結果を左右し、このクラブの格を問うことになるだろう。

もう失望させんでくださいよ。


11ユニアイコン.gif


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。