So-net無料ブログ作成
検索選択

勝ってかぶとのWin By All。 [JEF UNITED 市原・千葉]

★J2リーグ第11節 千葉○2-1●富山 ('10.05.05 フクアリ)

また4試合もブログを休んでしまった。
その間にあった試合をいちおう記しておく。

第7節 岡山○2-1●千葉 ('10.04.18 カンスタ)
第8節 千葉○2-0●岐阜 ('10.04.25 フクアリ)
第9節 栃木▲2-2▲千葉 ('10.04.29 グリスタ)
第10節 大分●0-2○千葉 ('10.05.02 大銀ド)

4試合と言ってもライブ観戦したのは岐阜戦だけなので
どうせ頑張ってたとしても自信持って書けたのは岐阜戦だけですよ。
いいじゃないですか。休んだって(逆ぎれ)。

その4試合の戦績は2勝1敗1分け。
アウェイゲーム3試合を1勝1敗1分けという寸評しづらい成績でやり過ごしている。
かくも内弁慶ではあるが、フクアリで行われる富山戦と福岡
この二試合を勝てば昇格の指標である“三分の一シーズンで二敗以下”を
どうにか損なわずに済みそうである。

 

記事の後味が悪くなるとイヤなので最初に。
Jリーグの(J2の、とは言わないよ)レフェリーは
裁くことは興を削ぐことという哲学で笛を吹いているみたいなところがあって
それが確かに僕らをイライラさせるんだけれども、しかし
近頃の僕らはレフェリーに対していささか好戦的すぎるかもしれない。
J2の基準で見ればフクアリの“ホーム感”は圧倒的なわけで
そういう環境にあまり慣れていないレフェリーたちを威圧することは
思い通りの効果が得られる時ばかりではないだろう。

下手をすれば、試合前から「フクアリの雰囲気に飲まれないように」と身構え
裁きの天秤をわざと傾かせてピッチに入るレフェリーもいるかもしれない。
そう簡単にフェアネスを曲げる人がいるとは思いたくないものだが。
納得できない判定まで看過する必要はないと思うけども
僕らの方もフェアな視点でジャッジの真贋を見抜き、公正な声をあげないと
おそらくジェフの勝利のためにはならないだろう。
試合後の大ブーイングがフクアリ名物みたいになるのも嫌だしね。
 

 

試合は富山の守備戦術にとても苦労する展開だった。
トライできていたし、イーシャンテン(リーチの一歩手前)までは作れていたが
最後のところで相手を凌ぐワンプレー、ワンアイデアに欠けた。
しかし今回の苦戦を僕は肯定的に見る。
互いに疲労を抱えた状態でも安直なごり押し戦術を手の内に潜め
ほとんどの時間をこだわりの中で戦ったからだ。

ボールを支配するサッカーと気取って言っても結局は
相手のミスを誘発しそれに付け込むという原理に違いはない。
相手がミスするまでの時間を守備ではなくパスに費やすというだけだ。
選手の質を生かして確実にパスを繋げでも
相手がまるでミスをしなければ手を焼くのは当然だ。
要はどこかで“確実さ”を超えるスーパーなプレーが必要なのだ。
江尻監督は62分に投入した谷澤達也にそれを期待したに違いない。

こういう張り詰めたゲームの中でミスをすれば器の水は零れてしまう。
70分に福元洋平がマイボールの処理にもたついたところ
死角から詰めて来た苔口卓也にかすめ盗られ、ファウルストップ。
PKを与えそれを黒部光昭にすんなりと決められた。
ミスの少ない緊迫した試合を致命的なミスで動かしてしまった福元。
この悔恨をしっかりと吸収し、力に変えることで挽回してほしい。

いちど零れ始めた水は簡単に止まらない。
失点以降のジェフイレブンは焦りからミスを多発。
疲労も手伝い、それまでと打って変わって締まらない試合展開に。
指をくわえて見ているわけにもいかないベンチは
72分にアンカーの中後雅喜を諦めてセンターフォワード青木孝太を投入。
「形にこだわるな」というメッセージに見えた。
受け取った選手たちは徐々にだが“効果的な”プレーを見せ始める。

 

1点 取れれば。
同点まで行ければ、その後はフクアリの力で逆転できる。
その確信を持っていた人が大半を占めていたのではないか。
ボールと選手が富山ゴール前に迫った時のあの空気の振動は
逆転を心から信じていなけりゃ起こせない質のものだった。

そして待ちに待ちまくった85分
ネットが難しい体勢でのバイシクルシュートを決め、同点に追いつく。
何かに取り憑かれたようにスタンドに駆け寄り吠えるネット。
そのスタンドの様相もまさに狂喜乱舞。
この時点で逆転を心から信じるジェフサポーターは95%くらいになった。
いやもちろん僕は5%のペシミストにも敬意を払うよ。

逆転劇のクライマックスに向け高まるフクアリ。
不吉な黒煙をひと飲みにせんとする黄龍のごとき唸り声が超満員のスタンドから…
なに、入場者数がたったの一万とんで三百余人だって?
やれやれ、まだフクアリ劇場の価値を見誤っている人が多いみたいだな。
それが起こった時にここにいなきゃ分からないものが実際にあるんだから
その目で確かめに来たらいいのに。
それとも誰かの陰謀でたくさんのジェフサポが地下に幽閉でもされているのかな?

熱い追い風が吹く中でアディショナルタイムへ突入。
ジェフイレブンの挙動から焦りはすっかり消えていた。
ゴールに視線を定め単刀直入に斬りかかる。
セットプレーでは福元が俺にくれ!というジェスチュアを繰り返していた。
左から谷澤のCKが逆サイドへ流れタッチを切る。
佐藤勇人が素早くスローイン、リターンを受けワンタッチでクロス。
ペナルティエリア中央で身を投げ出した福元の頭をかすめ
ボールは谷澤の胸元へ。

ここからは試合の臨場感をより克明に伝えるため、テキスト化したスタンドの音声をお送りします

ぁぁキタッ、ヤザ……ぅふぅゎぁ撃てえぇぇぇーーーーーーーー…ぃいよっっっ
しゃああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
ドドドドドドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴォォォォォォォォォ(歓声の轟音)
やったやったやったやったやったやったぁぁぁーーーーーー!!!!!
よっしゃあああああああああああああああああああああああああああ!!!!
やったー!やったよーーー!オレやったよーーー!(何か間違っている)
ふぁーふぁーふぁーぁー(ブレス)
やった!やった!やった!やった!(歌うように)
やっっっったあぁぁぁぁーーーーーーー……………………
……………よしッ!よしッ!ぃよしッ!
グッ!グッ!グッ!!(声のないガッツポーズ)
グッ!グッ!グッ!!(くりかえし)

生わさびが擦りおろせるんじゃないかという程の鳥肌が立つ。
トーストの上の刻みチーズのようにスタンドの黄色が溶けて混ざる。
しかし試合はまだ続いている。頭をクリアにしなければいけない。
死者を葬る墳墓の入り口を閉ざすように、厳かに試合を閉めなくてはいけない。
冷静になり切れず制動の不確かな僕の目であったが
ジェフの選手たちが引き締まった表情で相手ボールホルダーに食いつくのを見た。
そして、レフェリーが両手を水平に差し出す姿を見た。
ドドドドドドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴォォォォォォォォォ
グッ!グッ!グッ!!

 

下位チームに対して苦戦を強いられたことを叱りたいとは思うけど
僕はこういう劇的で熱いゲームがぜんぜん嫌いじゃない。
こういうゲームがフクアリにまた人と熱を呼ぶのだと思うから。
負けたら何にもならないが、こういう際どいゲームは時々あった方がいいんだ。
相手がカットできそうだと思えるような際どいパスが局面を有利にするように。
こういうゲームがジェフの未来のためにきっとなるんだ。

もう明日には難敵の福岡をフクアリへ迎える。
劇的な逆転勝利の余韻が中三日で覚めやるか。
6得点大勝の余韻が中三日で覚めやるか。
勝ってかぶとのWin By Allという諺が示す通り
カッチリ切り替えて挑戦者の気概を取り戻したチームの方が
より多くの勝点を得ることだろう。

選手たちは連戦で疲れている。
その足が最後の一秒まで一歩でも多く踏み出せるように
今シーズン一番のフクアリを用意しよう。
一息つくのはこの試合に勝ってからだ。


 

10ユニアイコン.gif走り切るロゴ.gif
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 4

nyan-united

テキスト化された音声が秀逸ですね!
この文字を見ながら、自分がそのときどうしてたかちゃんと思い出すことができます。
ところであの話は、ここでは書かないのですか?
コンコース徘徊中に、DJの内容ですぐわかりました。
製作秘話とかあったら、またテキスト化された音声でお願いします(笑)。
by nyan-united (2010-05-08 14:57) 

39ch

にゃんUさん、こんばんは。
狂喜に躍った人は皆だいたいあんな感じだったのではないでしょうか?大して飾らずありのままを書けた気がします。
あの話、耳ざといですねー。僕さえ聞き逃しそうになったのに。マルヤマさんの企画に乗らせてもらったのですが、貴重な体験でした。記事にしたいけどタイムリーは失いそうです。
by 39ch (2010-05-08 23:53) 

犬彦

動員については直接的にサポにも責任があるだけに何とか挽回したいものですね~
サポには試合を演出するまでの力はないかもしれませんが、ちょっとしたスパイス的な役割は充分担っていると思います。
フクアリ劇場の力で成績も動員も上向きを願いたいところです!!
by 犬彦 (2010-05-09 00:15) 

39ch

犬彦さん、こんばんは。
コメントがあまり気分の良くない試合後になってしまって申し訳ございません。
今日の福岡戦では少し多めに入っていたようですが、この試合内容と結果ではちょっとハートを掴むことができなかったかもしれませんね。そういう時もあるので、そのぶん僕たちも小さな努力をしていきましょう!
by 39ch (2010-05-09 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。